大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
越谷と草加の雑貨屋さんBranch m’.(ブランチエム)です。

大人の秋のおしゃれにぴったりの、ブランチエムのストールボレロ。

軽くて柔らかい薄手のウールガーゼと、秋のおしゃれを満喫できる、鮮やかなカラーが揃います。

首に巻いたり、羽織ったり。

使い方ひとつで着こなしの幅が広がるのも魅力です。

秋ならではの色と素材で、この季節の大人のおしゃれをぐっと盛り上げてくれる。

そんな魅力的なアイテムです。

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

ブランチエムのウールガーゼのストールボレロ

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ1

 

やわらく、軽くて薄いウールガーゼが、秋の始まりにぴったりのストールボレロ。

深みのある鮮やかなカラーが、いつもの装いに一枚プラスするだけで秋のおしゃれを心を盛り上げます。

そのまま羽織ればお尻もすっぽりの安心着丈。

ストールのように首に巻いたり、肩から羽織ったり。

使い方ひとつで着こなしの幅が広がるのも魅力です。

 

大人の秋のおしゃれをもっと楽しく。

使い方のポイントや、秋の大人のコーディネートもご紹介します。

 

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

秋ならではの色で遊んで、秋のおしゃれをもっと楽しく

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ2

 

羽織だけで心が躍る、秋に映える鮮やかなマスタード。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ3

 

この季節にパッと目をひく、大人に似合うワインレッド。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ4

 

いつものスタイルに一枚プラスで、秋気分を盛り上げるチェック柄。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ5

 

大人可愛く仕上げてくれる、ワンピースと赤いチェック柄の組み合わせ。

 

この季節ならではの色に着替えて、秋のおしゃれを楽しみませんか?

羽織るのはもちろん、アレンジ次第で秋のおしゃれがもっもっと楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

そのまま羽織れば、お尻もすっぽり

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ6

 

ブランチエムのストールボレロは、お尻まですっぽりのゆったりとしたサイズ感。

軽いウールガーゼが、この季節の羽織りものにぴったりです。

シンプルな装いに映える秋色と、安心の着丈。

いつもの装いにプラス一枚で、ぐっと秋の気分を盛り上げます。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ7

 

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

襟を作って丈をアレンジ

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ8

 

丈を短くしてバランスを取りたいときは、首回りを折り返して襟を作ってあげるだけ。

折る回数や幅で、丈の長さを調節できます。

 

たとえばワンピースや、ボリュームのあるボトムにはちょっと短めの丈でバランスを◎

丈に変化をつけて楽しむだけで、毎日の着こなしに幅が広がります。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ9

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

首に巻いてストールにも

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ10

 

腕を通す輪に一回くぐらせるだけで、ストールとしても。

顔周りを明るく引き立てる、鮮やかな秋カラー。

 

コサージュを飾って、より華やかにアレンジするのも素敵です。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ11

 

 

 

 

 

 

大人の秋のおしゃれが楽しくなる、 羽織ものにもなるストールボレロ

お家の中でも、膝にかけたり羽織ったり

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ12

 

肌寒さを感じたら、膝にかけたり、肩から羽織ったり。

軽い掛け心地とやわらかい肌触りが、お家の中で丁度いい使い心地。

ソファーのそばに一枚置いておきたくなるような、インテリアになじむ色合いも魅力です。

 

秋の羽織ものにもなるストールボレロ13

 

秋はおしゃれが楽しい季節。

秋ならではの色を取り入れて、この季節の装いをもっと楽しみませんか?

一枚で着こなしが広がるストールボレロで、秋のおしゃれをもっと楽しく♪

鮮やかな色合いに心も弾む、楽しい秋になるはずです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*