「手作り作家さんのワークショップ第7話」本革まめがま付きキーリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
越谷と草加の雑貨屋さんBranch m’.(ブランチエム)です。

今日は、先日新越谷ヴァリエ店で行われたワークショップの様子をご紹介します。

とっても可愛らしいミニサイズのがまぐちがついたキーリング。

革を使ってミシンで縫うところからスタート!

本格的な仕上がりに、皆さん大満足のワークショップでした♪

 

 

 

 

workshop

手作り作家 角井先生のワークショップ

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング1

 

ブランチエムでの作品販売のほか、手芸誌などでも活躍する角井先生。

革小物や、バッグなど、しっかりしたつくりの本格的な雑貨から、可愛らしい布小物まで。

幅広い作品と、丁寧なつくりで人気の角井先生の作品。

今回は初めての革小物のお教室です。

革専用のミシンを使い、革を縫い合わせるところから始まります。

今回は先生が手書きで作ってくださった、まめがまキーリングのレシピ付き!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング2

 

どこまでも丁寧な先生のお仕事にびっくり!

見習わなくては.. 汗

今回作るのはこちらの本革のまめがまが付いたキーリング♪

手のひらにすっぽりと収まるミニサイズです。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング3

 

首からネックレスのように下げることもできて、とっても可愛いんです♡

こんな本格的な革小物、本当に初心者でも作れるのかしら..

と少しドキドキしながら、生徒さんも集まったところでいよいよお教室が始まります!

 

 

 

 

workshop01

まめがま付きキーリング作り その1

 

まずは、まめがまの型に切ってある二枚の革を縫い合わせるところからスタート!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング4

 

「ミシンなんて何十年ぶりだわ..」と、少し緊張気味の生徒さんもいらっしゃいました!

この小さい革の下半分を、革専用のミシンで線に合わせて縫い合わせていきます。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング5

 

先生が丁寧に教えてくれるので安心です!

皆さん丁寧に一針一針縫っていきます。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング6

 

縫い合わせたら席に戻って、次の工程へ..!

 

 

 

 

workshop02

まめがま付きキーリング作り その2

 

縫い合わせた二枚の革を、今度は縫い目から2ミリくらい残してハサミでカット!

この時、開け口のところは5ミリほど残しておくそうです。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング7

 

こんな感じ!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング8

 

カット出来たら表に返す行程へ。

棒を使って縫い目のラインに沿ってしっかりと返します。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング9

 

残しておいた5ミリほどの開け口の部分にボンドを塗って、開いた状態で接着させます。

くっつくまで指でしっかりと固定。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング10

 

だんだん形になってきましたね♪

ここまできたら、次は裏地を付ける工程へ!

 

 

 

 

workshop03

まめがま付きキーリング作り その3

 

次は裏地を付ける工程です!

先生が用意してくれた裏地の中から、好きな柄をチョイス♪

同じ革の色でも、口を開くとストライプやチェック柄.. 出来上がりが楽しみになります♡

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング11

 

選んだ裏地を、革にボンドで貼り付けていきます。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング12

 

貼り付けたらいよいよ口金をつける工程へ!

何気なく使っていたがま口ですが.. 実際どうやってつけるんだろう!?

初心者の私は興味津々です!

 

 

workshop04

まめがま付きキーリング作り その4

 

口金にボンドを薄く塗り、そこに革袋を差し込んでいきます。

この時、ボンドのつけすぎに注意!

先生曰く爪楊枝を使って..「うすーく。しかしまんべんなく。」だそうです。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング13

 

ボンドを付けたら目打ちを使ってグイグイ革袋を挟み込みます。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング14

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング15

 

この作業が思っていたよりも難関!!

皆さん「難し〜」と悪戦苦闘。

予想外に時間のかかる工程です。

しかし、仕上がりに差のつく大事な工程なので、先生も生徒さんたちの仕上がりをしっかりチェック!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング16

 

先生から「きれいですね!」のお声がかかったら、今度は裏側に紙紐をかませていきます。

目打ちでグイグイ押し込みます!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング17

 

ここまできたら完成も間近!

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング18

 

綺麗に仕上がったら、まめがまの最終段階へ。

 

 

 

 

workshop05

まめがま付きキーリング作り その5

 

綺麗に整ったら、最後にペンチを使って口金の端をぐっと挟んで締めます。

傷がつかないように布を巻いて、丁寧に。

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング19

 

最後にキーリングを取り付け、好きなチャームを選びます♪

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング20

 

鍵のチャームや小鳥のチャーム。

レースや貝や革のタグも♡

生徒さん:「何個まで選んでいいんですか?」

先生:「お好きなだけどうぞ〜」

えっ!?

何個でもいいのっ!?

びっくりしましたが、皆さん大人なのでそんなに欲張ってつける方もいませんでした。笑

このチャーム選びも、皆さんの個性が出てそれぞれ素敵な作品に仕上がりました♡

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング21

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング22

 

そのまま付けて帰ってもいいくらい、皆さん素敵な仕上がりになりました。

 

170324_23

 

初心者さんが作ったようには見えないです.. !

時間をかけて作ったキーリング、皆さんどんな風に使うのかな..

想像して、とても温かい気持ちになりました。

作った時間も思い出も、そして作品も。

思いのこもった大切なものになりますね♡

次はどんな作品や思い出と出会えるかな.. 今からワクワク楽しみです♪

 

手作り作家ワークショップまめがまキーリング24

スタッフ:秋元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 行田 ひな代 より:

    こんばんは〜
    以前 ワークショップに参加させて頂きました行田ひな代です。今回のまめがまキーリングとってもかわいいですね〜\( ¨̮ )/♡参加できなかったのが残念です⤵︎⤵︎⤵︎
    こちらは、キット商品 ございますか⁈ぜひ 作ってみたいので ご連絡頂けると 嬉しいです(*^^*)♪

コメントを残す

*